読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みじんこダイアリー

古地図と珈琲と小鳥と。

赤坂と暗渠

 

赤坂方面に行く機会があったので、せっかくなので時層地図をしげしげと・・・

 

赤坂のあたりは、古くから区画がほとんど変わっていない。

ここにだけ水路があるけど、なんだろう?

 

f:id:natsukichi000:20170105225114j:plain

 

 

 

今は、鹿島建設のビルと別館の間の小道にあたります。

 

 

f:id:natsukichi000:20170105225433j:plain

突然の暗渠感。

 

f:id:natsukichi000:20170105225500j:plainf:id:natsukichi000:20170105225529j:plain

 

すごくすごく暗渠でした。車止め!赤坂にもこんなところが残っているんだなあ。

 

lotus62.cocolog-nifty.com

 

よく見たら高山さんがまとめていらっしゃいました。

赤坂新町下水というのか。名前まであるなんて。すごい。

 

…なんだかどこまでいっても先人たちが調べ尽くしている、東京…w

 

 

もうひとつ。

赤坂見附のあたり、外堀通りの一本裏のところが、変な道だなあと思っていて。

 

f:id:natsukichi000:20170105232534p:plain

f:id:natsukichi000:20170105232541p:plain

 

幅は狭いのにきちんと道があって、でも完全にビルが背をむけてしまっている、裏道。

ある日、地図をじろじろみていたら、この水路、この道だ…!と。

 

f:id:natsukichi000:20170105232723j:plain

 

 

f:id:natsukichi000:20170105232739j:plain

 

 こんな風に道に刻みこまれた歴史が引き継がれていくの、すごいなあ。

何の水路なのだろうな〜ともぞもぞしていたら本田さんから完璧なお答えを頂いてしまいました(照)

 

 

今度は赤坂大下水。

川の名を知るのはとてもたのしい。

 

 

 まとめました。

 

 

そして、新町下水暗渠の先、ホテルインソムニア一階のウニール。すき。

 

 

 カフェラテがおいしいです。珈琲も美味しいんだけど、フレンチプレスあんまり好きじゃないんだ。オイリーなのになんか薄くて、でも酸っぱい、みたいな。

 

ホテルのフロント?にあった、東京の空間人類学。びびっときたので衝動買いしました。 

f:id:natsukichi000:20170105234509j:plain 

まだ途中なので機会があったらレビューします。

 

 

 

名古屋・中村遊郭跡

 

 

「なんにもない」

「つまらない」

「わざわざ行くところじゃない」

 

行ったこともないのに、そんな声ばかりが聞こえてくるまち、名古屋。

 

歴史もあって、三大都市圏の一つなのに、皆から一蹴される名古屋に行ってみたくなり、初訪問。

 

結果としては、たしかに観光地としてはつまらなかったのですが

遊郭跡と、はじめてのひつまぶしと、良い酒と、川獺を堪能し、

名古屋を実感できてよかった。

 

中村遊郭

界隈では有名なんですね、

城や繁華街のある東側ではなく、名古屋駅の西側に、かつて遊郭がありました。最寄り駅はこちら。

 

 

明らかに区画がソレですよね、かわいい。

f:id:natsukichi000:20161229125843p:plainf:id:natsukichi000:20161229150112j:image

昔の航空写真をみると、中庭のついた妓楼が主流で、沢山あったのがよくわかる。

 

 

もちろん 解体されてしまったものも多いのですが、まだまだ沢山あって、郭の内部が覗けないようにしたという斜めの道も、 「大門」の地名もそのまま。

 

 f:id:natsukichi000:20161229144952j:imagef:id:natsukichi000:20161229145040j:image 

 

大門横丁…息してなかった。

 

f:id:natsukichi000:20161229145123j:image

遊廓の存在は、当事者にとっては後ろめたい過去である事が多く、公の地名からは抹消されていくことが多いのですが、ここは隠さずに、住宅街に馴染んでいくというナチュラル志向。(?)

 

なので、民家とソープランドと大型スーパーと妓楼建築のデイサービスセンターが当たり前のように隣り合わせになっていて、普通に住宅街みたいな雰囲気です。

 

f:id:natsukichi000:20161229150823j:image

おおおおお

 

f:id:natsukichi000:20161229150656j:image

たばこやさん。

 

f:id:natsukichi000:20161229150722j:image

カフェー風。道路が近すぎてカメラに入らない…

 

f:id:natsukichi000:20161229150735j:image

かわいい。蔵付き。

f:id:natsukichi000:20161229151035j:image

リフォームして蕎麦屋に。

f:id:natsukichi000:20161229151148j:image

これも立派。何かに使ってほしいなあ…

f:id:natsukichi000:20161229151231j:image

転業旅館かな〜?と思って近づいたらデイサービスセンターだったときの衝撃

 

f:id:natsukichi000:20161229151341j:image

すごい

 

f:id:natsukichi000:20161229151425j:image

これが好き。表だけ塗り直した現役のソープランド。向かいスーパーだけどお客さん気まずくない?大丈夫?

 

f:id:natsukichi000:20161229151727j:imagef:id:natsukichi000:20161229151742j:image

かろうじて健在の飲屋街。

 

f:id:natsukichi000:20161229151947j:image

意味深な壁。

 

当たり前ですが、 写真だとまったく迫力が伝わらない。

長寿庵が解体された後だと聞いていましたが、見所はまだまだ。観るなら今のうち!

 

中村遊郭・長寿庵 (愛知県名古屋市) - 新日本DEEP案内

 

 

名古屋駅周辺や、大須観音、栄のほうもぶらぶらしましたが、そちらはまたそのうち…

 

バー キュラソー

f:id:natsukichi000:20161229153635j:image

良い酒場は貴重…

 

 

 f:id:natsukichi000:20161229153341j:imagef:id:natsukichi000:20161229153350j:imagef:id:natsukichi000:20161229153404j:image

豊橋のカワウソきゃわいい。おちびちゃん大騒ぎ。

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

街歩きツール

 

年末。寒いですね。 

2016年お世話になったアレコレをご紹介。

 

あいひょん一台のなかに、いろんな地図を詰め込んで、しかも即座に現在地がわかるって、もう本当にすごい時代。空間把握能力がなくても街歩きが楽しいってすごいです。すごい。文明ありがとう。

 

スーパー地形

appsto.re

言わずと知れた、カシミール3DiPhone&iPad版アプリ。3日間の試用期間後、¥960で購入できます。英世一枚で、全国のスーパー地形データが見放題。ワンタッチで年代別航空写真、古地図切替。もちろんGPS対応、トラック追跡や断面図作成もサクサク。迷ってる暇があったら今夜のビールを我慢して買いましょう。

 

東京時層地図

appsto.re

ワンタッチで、古地図を時代ごとに切り替えられるアプリ。¥1900。スーパー地形で見られる今昔マップよりも綺麗な古地図が使えるため、細かいところの変化を見るのに便利。地名で検索する機能がないのが玉に瑕。GPS表示しながら散歩するのがとても楽しいアプリ。

持っていませんが横浜版もあります。

 

河川&暗渠ルートマップ

東京の、水系ごとにプロットされた暗渠ネットワーク地図。検索してたら見つけたので使わせてもらっていますが、まとめたのはどなたなんでしょう?ありがとうございます…

河川&暗渠ルートマップ(渋谷川・古川水系)

河川&暗渠ル­ートマップ(­目黒川水系)

 河川&暗渠ルートマップ(神田川水系)

 

Google Maps

デフォルトはやっぱりGooglemaps。わたくし元々方向音痴かつ地図が読めませんので、ぐーぐる先生とGPSなしには話になりません。

 

 

書籍も紹介しちゃう〜

 

東京「暗渠」散歩 
地形を楽しむ東京「暗渠」散歩

地形を楽しむ東京「暗渠」散歩

 

 

アンキョの本。水系ごとにまとまって紹介されているので、教科書的に使っています。

 

暗渠マニアック! 
暗渠マニアック!

暗渠マニアック!

 

 マニアによるマニアのための暗渠の本。オタク魂全開です。図書館でふと手に取りました、暗渠の世界こんにちは。ごめんなさいまだ買ってません。

 

江戸東京地形の謎
古地図で読み解く 江戸東京地形の謎

古地図で読み解く 江戸東京地形の謎

 

 

ピンポイントですが、もっと古い地図(江戸時代とか)を参照したい時に。解説も充実。

 

ヤミ市跡を歩く
東京戦後地図 ヤミ市跡を歩く

東京戦後地図 ヤミ市跡を歩く

 

 

戦後の盛り場といえば闇市。詳細地図ベースで、ピンポイントでどこがビルになり、どこに残っているとかがリアルに分かる。すごい。

 

その他コンテンツ

今昔マップ

ktgis.net

やっぱりこれ。関東+地方都市 年代別切替・比較地図のサイト。(スーパー地形アプリ連携) 

 

歴史的農業環境閲覧システム

歴史的農業環境閲覧システム

関東地方 明治初期〜中期の地図が見られます。(スーパー地形アプリ連携)

 

東京DEEP案内

tokyodeep.info

煽っていくスタイルの裏観光案内所。初めての場所に行くときにはチェックしてます。ヤバイ場所も多いが、こういうアーカイブは有難い。

 
写真撮っけど、さすけねがい?

app.m-cocolog.jp

三日画師さんのブログ。こちらもアーカイブとして。記録が豊富だし面白いのです。ありがとうございます。

 

 

思い出したら追記します。

 

大船工場引込線跡・・・と暗渠

 

JR大船駅

 

東海道線にしては地味な駅というか、数年間使っていたわりにあまり印象がない…

 

ざっくり言うなら藤沢と戸塚の間、柏尾川が刻んだ低地。f:id:natsukichi000:20161226203936j:image

 

深沢方面は工業地帯になっていて、電機メーカーを始め工場がいくつか。なんとなく辻堂と似た香り。

 

そんな大船にはかつて、JRの車両工場があった。工場はもう更地になっていて、行政ががんばってまちづくり構想を練っている一方で、そこに至る引込線は殆ど残っている。

 

 

 どこから辿れるのかな〜と、線路沿いからフラフラしていたら、あった。

 

f:id:natsukichi000:20161226214155j:plain

踏切だったのかな。

 

あ、暗渠。

f:id:natsukichi000:20161226214948j:plain

こっちも暗渠。

 

f:id:natsukichi000:20161226215011j:plain

 

この塀も暗渠…?

f:id:natsukichi000:20161226215141j:plain

 

 暗渠アンテナが反応しまくっている・・・

f:id:natsukichi000:20161226215059j:plain 

 

あ、線路にぶつかった。と思えば、向こう側にちらりと、開渠がある。やっぱり。

f:id:natsukichi000:20161226215118j:plain

f:id:natsukichi000:20161226215035j:plain

 

確かに、川の氾濫原であって、戦後に開発されたような場所であれば、そこらに農業用水路に由来する水路があってもおかしくない。

f:id:natsukichi000:20161226215944p:plain

 

 

廃線跡を見に来たんだった。ということで、水のネットワークは改めて調べに行くことにしよう。

f:id:natsukichi000:20161226221028j:plain

これ、かわいい。指差確認の看板を見るに、線路が現役だったころから横断できるようになっていたんですね。

 

f:id:natsukichi000:20161226221047j:plain

f:id:natsukichi000:20161226221106j:plain

基本的に、フェンスに区切られていて入ることはできません。放置されていてもじゃもじゃ。

 

あ、向こう側に開渠が。ここも暗渠なのか。

f:id:natsukichi000:20161226221125j:plain

 

線路の下にも水路がありました

f:id:natsukichi000:20161226221146j:plain

 

無用の長物となって佇んでいる支柱

f:id:natsukichi000:20161226221209j:plain

 

この▼を整地するのすら面倒くさかったのだろうか・・・かわいいから良いけど・・・

f:id:natsukichi000:20161226221227j:plain

 

終着点はコチラ。広大な空き地。これから何が出来るのだろうか・・・

f:id:natsukichi000:20161226221245j:plain

f:id:natsukichi000:20161226221303j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

熱海散策 2

 

お寿司の後は、ほろ酔いで散策。

 

温泉に、砂浜のある海に、美味い魚に、歴史ある街に、おまけに首都圏から近いとなれば、観光地としてはポテンシャルの高いはずの熱海ですが、バブル期の乱開発のおかげか、歩いていてかなしいレベルの廃れ具合です。

 

では、廃墟編。

廃墟も、街並みの変遷を物語るものとしては魅力的なこともありますが、その「退廃」自体を求めるのはなんか違うような気もして。でも熱海は廃墟だらけなのです。

 

f:id:natsukichi000:20161226143044j:plain

ロープウェイの手前。地階は店舗、上は住居、だったのでしょうか。

f:id:natsukichi000:20161226143027j:plain

旧・熱海海浜ホテル。解体中…といっても何年かけるつもりなんだ。廃業後ほったらかしで、崩落しかかったところに解体工事をはじめたようなのだが、去年訪れたときからほとんど進んでないような気がする。

 

f:id:natsukichi000:20161226142953j:plain

これもなかなかひどいよなあ。

 

f:id:natsukichi000:20161226143326j:plain

f:id:natsukichi000:20161226143414j:plain

海岸線沿い。ホテル廃墟だったところを、不動産開発のゼファーが買い取って再開発しようとしたらこっちも倒産しちゃいました、という目も当てられない現実。この隣には(永遠に?)未完成の商業施設も。

 

f:id:natsukichi000:20161226143106j:plain

お化け出そう…

 

踏ん張ってるホテルや住居はいいとしても、廃墟化するばかりの遊休不動産やら空き家は、せめて解体するだけのインセンティブをつけなければ、ゴーストタウンまっしぐらではないか…山側の部屋付き露天風呂の旅館に篭って、オーシャンビューを眺めるだけなら見ずに済むからいいのかな…リゾートマンション売るならもうちょっと景観をどうにかした方がよさそうだけどな…

 

あっちもこっちも廃墟で、大型旅館が生き残ってると思えば伊藤園ホテル。中国資本に乗っ取られないと良いなあ(白目)

 

海岸の景色は文句なしに素晴らしいです。

f:id:natsukichi000:20161226143306j:plain

f:id:natsukichi000:20161226143244j:plain

 

こまごましたものたち

f:id:natsukichi000:20161226143226j:plain

ストリップ劇場

 

f:id:natsukichi000:20161226143009j:plain

すごいオーラを放っていたソープランド

 

f:id:natsukichi000:20161226143207j:plain

タイルと装飾が怪しい感じ

 

f:id:natsukichi000:20161226142910j:plain

かわいい感じのビル

 

f:id:natsukichi000:20161226190918j:plain

これもかわいい

 

f:id:natsukichi000:20161226190947j:plain

渚町

 

f:id:natsukichi000:20161226191008j:plain

怪しいタイルの時計屋さん 転業?

 

熱海散策 1

熱い海 と書いて あたみ。

湧き出た湯がそのまま海に流れ込むこの土地にはぴったりでわかりやすくて、いいなあ、熱海。

 

一年ほど前に初めて温泉旅行で訪れた際には、あまりの寂れ具合にショックを受けたのだが、今回はその街並みを目当てに。

 

熱海はとても古い温泉地らしく、平安末期には集落があったとか、徳川家康が湯治にきたとか言われている。

 

山に囲まれ、海岸線が近く、川が三本。独特の地形ですが、昔から変わってないみたい。(地図下部のでっぱりは埋立地ですね)

f:id:natsukichi000:20161215101318p:plainf:id:natsukichi000:20161215102038p:plain

 

戦後〜バブル期に栄えたであろう繁華街は、海岸近くの渚町、国道を挟んだ銀座町と中央町である。

ちなみに地図右下の端あたりからロープウェイに乗ると秘宝館と熱海城

 

JR熱海駅を降りて、仲見世を降りていく。熱海で観光客がわさわさしてるのはここだけと言っていい。

f:id:natsukichi000:20161226142007j:plain

 

あちこちにかなり古いと思われるビルがゴロゴロしていて、しかも熱海の急な坂道にへばりつくように建っている。どこも二階以上が今も使われているかどうか、怪しいけど…

 

f:id:natsukichi000:20161226142523j:plain

 

 

商店街の途中、道にめっちゃからすみ干されててワロタ。豪快。

f:id:natsukichi000:20161226142440j:plain

 

この眺めすごく熱海っぽいのに、老朽化したニューフジヤホテルの建物がなかなか。現在の経営は伊藤園伊藤園といい大江戸温泉といい、歴史ある温泉街のはずが気づいたら外資ばかりという。そのまま廃墟化するよりはマシか…。

f:id:natsukichi000:20161216141203j:image

 

中央町から見ようと思っていたため、熱海銀座は一旦スルーして進む。銀座町のあたりは割と道が広く、ひらけて見えるのだが…

 

糸川べり

川を越えると、中央町に突入。赤線があったというところ。

f:id:natsukichi000:20161226143435j:plain

 

 

寂れたとか、荒んだといった雰囲気を通り越して、街としては生気がありません。荒れているわけではなく、もう普通の住宅なんでしょうね。

f:id:natsukichi000:20161226142815j:plain

f:id:natsukichi000:20161226143430j:plain

f:id:natsukichi000:20161226144554j:plain

カフェー建築って装飾が凝ったものが沢山ありますけど、当時の印象はどんなものだったのでしょうか。ラブホテルの珍建築とメンタリティは同じなのかな…

 

千笑さんには会えませんでした。熱海に限らず、ここ数年で解体されてしまったものってすごく多いのかもしれない。思い立ったが吉日である。

f:id:natsukichi000:20161226143130j:plain

ぽっかり。

 

f:id:natsukichi000:20161226191030j:plain

ここが歓楽街だったことを確かに物語っている、ラブホテルの跡。

 

f:id:natsukichi000:20161226145418j:plain

日が暮れても誰もいませんでした。

 

f:id:natsukichi000:20161226145109j:plain

 

この配車センターを見たとき「は?!?」ってなりました。一階をぶち抜いたのでしょうか。なんなのでしょう。

 

 

この先に寿司孝さんがあります。大将はぱつきんバンドマンです。気取らないまちのお寿司やさんですが、コスパよし味よし人柄よし、握りのコースなのに小鉢とか出てきます。たのしい。

 

応援する気持ちをこめて、ご紹介。

 

 

 

地形散歩 まちのなかの珈琲

 

こんにちは、みじんこ(@sakuraman__ )です。
お題をもらって文章を書くのは初めてかも。どきどき。

 

この記事はコーヒー Advent Calendar 2016 24日目です。

www.adventar.org

 

業界の片隅で、そろそろ一年が経とうというところ。

最近好きなのは、エチオピアイルガチェフェ×シティロースト×フリーウォッシュト。飲み込んだときのナッティーな香りがたまらん。常に買えるところがあればいいのに。

 


最近あまり、モカ、って呼ばないロースターが増えているような。エチオピアとイエメンのコーヒーを指すわけなのですが、イエメンにあるモカ港が由来です。

 

 

遥か昔、15〜17世紀。というと、コロンブスがどんぶらこしていた大航海時代です。モカ港はその時代に栄えた港であります。


だから21世紀の日本でモカがモカって呼ばれてるの、ロマンがありませんか。 

モカ港はもうとっくに、コーヒー貿易の拠点からは引退しています。19世紀には廃港同然の様だったとか。今も、廃墟となった当時の商館が残されているようです。たまらん。

 

http://www.joyphoto.com/japanese/abroad/2007yemen/taiz/photo/yemen5088.jpghttp://www.joyphoto.com/japanese/abroad/2007yemen/taiz/photo/yemen5107.jpg

 

*1

 

 

イエメンのマタリも、ちょと渋いような甘いような、でもスパイシーな、いいコーヒーなんですけどね。内戦とISテロで、目も当てられない惨状のイエメン…マタリも高騰がすごいですね。イエメンに平和が訪れますように。

 


さて、2016年は徘徊の一年でございました。

街歩きとコーヒーは切っても切れない関係なのです。喫茶にいけば暗渠にあたり、散歩にいけばコーヒー屋をみつけてしまうのです。神奈川編でいってみましょ。

 

北鎌倉・石かわ珈琲 (横須賀線北鎌倉駅)

あじさい寺こと明月院の裏手にある、一軒家を改装したカフェ。

 

明治時代、政府が横須賀軍港への陸路整備を急いでいたために、横須賀線円覚寺境内をぶった斬るかたちで敷設されました。線路の反対側に謎の池があるようにみえますが、もともと境内にあったもの。

 

石かわ珈琲は、明月院の手前で道を折れ、谷を登っていった先にあります。明月ヶ谷(めいげつがやつ)…そのままですが、明月川が刻む谷なのです。蛇行する蓋暗渠に、両サイドは崖。遠くの方を走る車の音が、水路を通して響いてくるすてきな暗渠です。

f:id:natsukichi000:20160913225313j:plainf:id:natsukichi000:20161224003345j:plain

 

お店はその崖の上にありますので、階段をのぼります。トレードマークにもなってます、階段。かわいいでしょ。

 

コーヒー豆保存缶(白)

f:id:natsukichi000:20161223235826j:plain 

高台にある店までの階段(本当は33段あります)と焙煎機の煙突をモチーフにしたオリジナルデザインです。

*2

 

珈琲もおいしいんだけど、ケーキもおいしくて、あと夏に頂いたパフェが良かった。コーヒーゼリーと、ラムをきかせたコーヒーフラッペと、アイスクリーム。

 

 

横須賀・宍戸珈琲(京急線横須賀中央駅よりバス)

こちらは小さなビーンズショップ。真夏に、横須賀の坂道をヒィヒィ言いながら登ってたら見つけたお店。

 

 

軍港都市として、谷戸に入り込むように開発が進んだ横須賀は、街歩きがとっても面白い。防火帯建築、看板建築の商店街、池の跡の弁天さま、遊廓跡、宇東川緑道。体力さえあれば全部徒歩で回りながら宍戸珈琲にも寄れます(`・ω・´) 横須賀編はまとめたんだった。

 

mijinco.hatenablog.jp

 

豆は農園指定のシングルオリジンが10種類くらいだったかな。良グレードかつ、丁寧にハンドピックされた豆がグラム500円台。やっっすっ。ご主人も物腰柔らかなすてきな方です。

横須賀に住みたくなってきた。嘘です。

 

 

辻堂・27 coffee roasters (辻堂駅藤沢駅よりバス)

こちらは住宅街のなかのビーンズショップ兼スタンド。

 

 

辻堂はテラスモールが出来てすっかりキラキラしていますね。工場撤退が相次いだ結果まとまった土地が空き、再開発の波が。

 

でも辻堂はもともと、駅の南側に、鎌倉方面と大山方面、藤沢宿方面への道がクロスする場所にあった村でした。そちら側を歩いていると、住宅街に埋没した商店街の跡や用水路跡、ひっそりと現役の銭湯を見ることが出来ます…

f:id:natsukichi000:20161224004004j:image 

 

辻堂駅と27さんの間のあたり、辻堂元町商店会。

 

27さんは、商品展開も、見せ方も、面白いなぁと思わせるお店ですね。ブレンド・シングルともに豊富で、プレスで淹れて置いてくれているので、試飲しながら迷うことが出来ます。スタンドで飲むこともできるし、豆を買うと一杯サービスで淹れてくれるという手厚さ。

 

こないだは浅煎りの水出し珈琲をいただきました。珈琲を飲んでるのか紅茶を飲んでるのか分からないような、さっぱりびっくり。ニクいなあ。

 

都内はまた素敵なお店がありますが、あえて今回は神奈川で。

…なんだか自分の飲み食いで必死なのでほとんどお店の写真がありませんでした(とほ

 

そうそう、余談ですが、この辺に行くときは是非 かき氷 埜庵にも行ってくださいね。

f:id:natsukichi000:20161224003803j:image

埜庵さんには季節ハズレというものが存在しませんので、行かないと損です。これは秋限定の栗です。シェリー酒添え。めっちゃ寒かった。