読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みじんこダイアリー

古地図と珈琲と小鳥と。

横須賀散策 2

 

汐入〜横須賀中央

 

さて、ヴェルニー公園からひたすら歩いていくと、汐入駅と、横須賀芸術劇場、ショッピングモールみたいのなのもあるエリアが開けてくる。

 

「汐入」まさに、かつてはここに波が打ち上げられていたような地名である。

 

そして芸術劇場脇にはこんなものが。

f:id:natsukichi000:20160913232457j:plain

 

ここも軍事関係の土地だったらしい。

劇場の裏からは、横須賀ベースにかけてドブ板通りと呼ばれる商店街が伸びている。かつてはドブ川に板をかけていたことに由来するそうだが、残念ながら暗渠感はゼロ。ミリタリーショップにアメリカンな飲み屋が立ち並ぶ。つまらん、退散!

 

お互いのすぐそばに、ハコモノ文化施設と米兵の庭があるもんだから、

夏の吹奏楽コンクール終わりのピカピカの高校生と、ごついタトゥー入りの米兵たちが同じエリアにいるのを見て ほぅ、横須賀すごいな、となった。

 

そのまま横須賀中央へ

 

駅前の三笠ビルがとても良い。というかこれを見たくて横須賀に行こうと思いたったのである。

 

商店街を包み込んだビル。裏からみるとガタガタだから、どうやって作ったのか気になる。誰か聞いてみて。

 

詳しくはこちら

横浜の長八ビルなんかは、上半分は廃ビル同然で半端ないオーラを放っているが、こちらの防火帯建築はかわいらしく街になじんでいる。二階部分の廊下も活用すればいいのに。

 

f:id:natsukichi000:20160914001708p:plain

 

こちらが航空写真で見た三笠ビルの全貌。これがビルを名乗っているのが不思議である。

言いたいことは引用の記事が全て語ってくれているので、ここまで。