読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みじんこダイアリー

古地図と珈琲と小鳥と。

横須賀散策 3

 

上町

今度は横須賀中央駅から、三笠ビルとは反対側の大通り沿いを登っていく。

控えめに言ってクソ疲れる登り坂なので、バスで登ってから降りてくるほうが良いかもしれません。

そんな登り坂に、上町商店街はあります。昭和初期ごろに建てられたと思われるかわいい看板建築がごろごろしています。

f:id:natsukichi000:20160914100957j:imagef:id:natsukichi000:20160914101021j:image

逆に言えば、遺跡みたいな建築物がごろごろ残っているというのは、この商店街は衰退の一途を辿っているとも言える。「三浦・三崎の海産物を馬車で運んでいたころは、馬車の終点として大変賑わった」そうだから、鉄道網の整備やモータリゼーションによって交通の要衝としての役割は終えたのだろう。

 

坂を登りきると、続いて「池之端商和会」なる案内が。隣に弁天様。f:id:natsukichi000:20160914102742j:image

アーケードがかかっていたらしいが、今は撤去されていて、閑古鳥が鳴いている商店街。酒屋が寂しげに営業していたな。

名前の通り、かつてはこの辺りに池があったようです。おそらくこの後歩いた宇東川の水源となっていた、池。弁天様はその湧水の名残なのでしょう。詳細は不明、弁天様の池が今も湧水なのかどうかも…

f:id:natsukichi000:20160914142710p:image

今昔マップより。

左側の地図にはきちんと描かれていて、池〜〜あった〜〜池〜〜ってなった。池のあたりがこの辺りの谷間の一番高い地点(何て言えばいいんだ?)なので、池から川がはじまっていたのでしょう。

そして海岸線の位置が全然違うだけでなく、池の右上に突き出ている岬、現在の地形には無いので、はて?となったのだが、このあたりの海を埋め立てた時に切り崩したらしい。すげえな。

 

で、しばらく県道沿いに進むと、宍戸珈琲があります。良心的なお値段に、ハンドピックされた良い豆。好きです。また行きたい。

 

柏木田遊廓跡

 

ここです。

f:id:natsukichi000:20160914214715p:imagef:id:natsukichi000:20160914214902j:image

今や何もありません。道が広いーー!!

一本逸れたところにある柏木田町内会と、穴守稲荷がかすかにその地名と名残を醸し出しています。数年前まで福助ホテルという界隈では有名な元妓楼があったそうですが。跡形もありませんでした。

 

つづく